2006年12月06日

初めてのお散歩その3

nana061206_1.jpg

クローバーを摘んで見せてあげました。




手前にカメラケースが写りこんでいます。
日が強く液晶が真っ黒で見えません・・・ファインダーで撮影するべきなんだろうな今日も今日とてグダグダムービーです。

nana061206_2.jpg

さてちょっとリラックスしてきたみたいなので、また木の柵に乗せちゃいました。

nana061206_3.jpg

あれっ今度はさっきと違ってリラックスしていますね。

nana061206_4.jpg

実は意外なほど低かったんですねぇ(笑)

nana061206_5.jpg

ナナ「地面に降りて探索するよぉ〜」

地面に降りると近くで遊んでいたウェルッシュコーギーがナナを見つけて一目散に駆け寄ってきました。

nana061206_6.jpg

ナナ「ひえぇぇぇぇぇ〜〜〜〜怖いかったのぉ生まれて初めてシェーって言っちゃった」

背中の毛が逆立ってしっぽもブンブンに太くなっています。
それなのにそれを面白がって撮影する飼い主ヾ(- -;)

nana061206_7.jpg

mameta「ナナ怖かったね。ごめんごめん。」

コーギーちゃんは遊んで欲しくて来たみたいだけど、ビックリしちゃったね。

キャリーに入ったけどまだちょっと興奮してます。
この後公園を後にしました。

今度からワンコちゃんとはいっぱい距離を取る様にしなくちゃ。
お散歩嫌いなっちゃったかな?

またお天気の良い日にはお散歩しようね!

このお散歩エピソードは初めてのお散歩1から続いています。

+++

コーギーちゃんはもう勘弁して欲しいナナとブログをアップしてから風邪で倒れた計算ずく(?)なmametaをどうぞよろしく!

人気ブログ nekoblog_b1.gif

ニックネーム mameta at 16:54| Comment(6) | TrackBack(0) | にゃんことお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

初めてのお散歩その2

ナナ「まずは動画デヴュー初めましてナナです。」

小さい声で一声だけ鳴いております。
小さい頃はあまり鳴かなかったナナですが、最近良くお話するようになってきました。

でも大抵こんな感じの声でヒャラヒャラしゃべります。




ナナ「撮影者が写りこんでてグダグダムービーね」

mameta「そのとおり(/・_・\)アチャ-・・」

続きを読む>>
ニックネーム mameta at 12:43| Comment(3) | TrackBack(0) | にゃんことお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

初めてのお散歩♪

先代猫のまめはとっても人見知りで玄関のベルがなるだけで姿が見えなくなった。
まめに限らず、大抵の猫ちゃんはそんなものだと思う。

バックに入れられたら最後恐怖でうぉ〜んうぉ〜んと目的地まで泣き続けた。

キャリーバックなどは行き先が獣医さんであろうとなかろうと、カサっと触る音がしたらもう隠れて出てこなくなるそんなの猫飼いさんなら常識だよね。

しかしナナはまだ大人になりきらない幼猫のせいもあるかもしれないが、キャリーバックを全然苦にしない。

自分から入ってくつろいだりしてる、飼い主に面白がって入り口を占められたってへっちゃらなのだ。

ナナは家に来たときから結膜炎でそこからであろう症状で、左目がずっと涙目だった。
ご飯を食べたり、元気良く遊んだりすると目から涙があふれた。

もちろん獣医さんにも見せて、飲み薬と目薬も処方してもらったが涙目だけはいっこうに良くならなかった。
通院の度にキャリーに入れられたのにも関わらず、キャリーが嫌なものとは思っていないのだ。

顔が丸い猫には鼻涙管という管を涙がうまく流れずにずっと涙目の子もいる。
ナナの場合も左だけがそうなのかもしれないと思ったが、片目はなんともないので治るんじゃないかと、希望を持っていた。
ネットで調べるもほとんど有益な情報には巡りあえなかった。

西洋医学がダメなら東洋医学じゃないけど鍼などはどうかと調べてみる。
鍼が猫の涙目に良いかどうかは分からなかったが、人間には鼻涙管の通りの効くツボがあるみたい。
とにかく治るものなら治してあげたかった。

都内に鍼の治療のできる獣医さんは数件しかない。
調べてみるとなかなか評判も良い獣医さんのようなので1度見せてみようと思っていた。

家からは結構遠い、地下鉄を乗り継いで行く。

ならば猫が入ってると分かりづらいキャリーバックがあったほうがいいなと先日アズミラと一緒にレディースデーに猫用品のゴロにゃん 楽天市場店さんで買ったのが↓下のキャリーバックでした。



【ヒッコリーボストンキャリーバッグ(アカ)】猫のキャリーバッグ。人気のヒッコリー柄です。

56nyanさん残念ながら私の買った黒は売り切れです。

ヒッコリー ボックスキャリー
↑別のお店ですが、クロがまだ買えるみたいです。


ところがところが・・・あのお宝をゲットした日を境にナナの涙はピッタリとあふれなくなりました。

多分歯が抜け替わったことと涙目が治ったことは直接は関係があるかどうかは分かりませんが、鼻から口の辺りが大人サイズになって狭かった鼻涙管にちゃんと涙が通るようになったんだと思います。

折角買ったおしゃれ〜なキャリーバックさてどうするぅ。
ということでもったいないので徒歩2分ほどの公園にお散歩に行ってきました。

前置き長すぎ〜。

nana061204_2.jpg

初めて体験に怖いよ〜と目も訴えています。

nana061204_2.jpg

体は大きくなったといっても、まだまだそこは仔猫興味津々。
外がとっても気になります。

nana061204_3.jpg

目と耳と鼻を使って辺りの情報をいっぱいキャッチしようとしています。

nana061204_4.jpg

スパルタでキャリーから出されちゃいました。

nana061204_5.jpg

へっぴり腰ながら、自らキャリーを見つけてイン。

nana061204_5.jpg

どうなる初めてのお散歩〜♪

続きはこちら>>

+++

初めてのお散歩この後どうなる〜。
ナナとmametaのへっぽこお散歩コンビを応援してね!

人気ブログ nekoblog_b1.gif
ニックネーム mameta at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | にゃんことお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナナとmametaを応援してね♪
人気ブログ にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ にほんブログ村 猫ブログへ